お知らせ
2017/09/30あきとるみの制作室第二回目(絵本作成)をアップしました。

第 二回目 絵本作成にチャレンジしてみました。

前回は、Scribusというアプリを使って、広報誌を作成して みました。
部誌やポスターなども簡単に作れることがわかりました。

いままで、イラスト描いて終わっていたのですが、雑誌が作れるということを知ったので、
絵本を描いてみることにしました。

新見南吉の「デンデンムシノカナシミ」なので、作者は多分縦書きが良いのではないかな?
と思ったのが苦労の始まりでした。

前回使ったScribusというレイアウトソフトは、縦書きに対応していませんでした。
もっと日本のユーザーが増えれば縦書き対応になると思います。
是非、多くの日本の縦書きユーザーに使って欲しいと思います。

Officeも初めて使ったのですが、結構使いやすかったです。
Officeだけでやろうかと思ったのですが、絵を入れると重くて良く動きませんでした。
やはり、その点、Scribusは、大変便利でした。

せっかく描いた作品が整理がつかなくなって、捨てちゃったりしているので、
この際、デジタルで残せるようになるのが良いなと思いました。
16ページの絵本で、100部で17,000円、1000部で28,000円ぐらいでできるらしく、
文化祭の時に、予算があれば、配布できるかな?と思いました。

高度なやり方もあるらしいですが、今回も基本機能だけでチャレンジしました。
もっと便利なやり方がご存じの方いらっしゃれば是非、教えていただきたいです。


本編を見る



アクセス : 81

中国語バージョンで提供させていただきました。

お知らせ一覧

ページトップへ